お米へのこだわり

お米にまつわる歴史や利用法について

お米は温暖な地域で幅広く生産されてきましたが、現在では品種改良の成果によって、寒冷な北海道でも優秀な品種が栽培されています。
利用の歴史は大変に古く、少なくとも弥生時代には稲作文化が生まれ、日本の食文化を象徴する食材となった経緯があります。
日常的に食べるお米には、粳米と餅米の2種類がありますが、日本酒を作るための酒米も生産されています。粳米は中国医学の古典に収載される生薬でもあり、漢方薬の原料として使われています。餅米のデンプンを糖化して水飴を作り、自然の甘味料として利用する文化も受け継がれてきました。
お米は今では日常的な食べ物ですが、昭和初期までは大変に貴重で、雑穀や麦を主食とする食文化も根強く残っていました。
今でも銀シャリと呼ばれるお米に魅了されることがあり、産地の情報とともに注目を集めることも珍しくありません。流通量が安定するようになってからは、産地ごとに優れた銘柄米が次々と誕生し、消費者の選択肢も広がりました。
家庭では保存や水加減に注意を払い、無駄なく利用する知恵も生み出されてきました。食養生のために、消化に良いお粥を作る伝統も残されています。
特別な日には赤飯を炊いて、家族揃って無病息災を願う伝統があるのも素晴らしいことです。

お米は冷蔵庫での保存がお勧め!

購入したお米を美味しく食べるには保存方法が重要です。
これは玄米に比べて白米は急速に劣化が進行していくためで、いい加減に保存するとすぐに粘り気や甘みが失われ、どんなによいお米でも美味しくなくなってしまいます。

白米は高温多湿の環境で保存するとカビや虫が発生してしまうので、できるだけ湿気が少なくて低温で保存できる保管場所を選ぶ必要があります。
特に白米は20℃以上になる場所に保存するとカビや虫が発生しやすくなるので、できれば常時5・15℃の環境で保存するのが理想です。
農家や米の販売店などでは一定の湿度と温度が保つことができる専用の倉庫で保存していますが、一般家庭で少量のお米を保存する場合には低い温度と湿度が保たれる冷蔵庫の野菜室が保存場所に適しています。

一方、白米は酸素が多い環境では酸化がどんどん進んで劣化してしまうので、できるだけ酸素が少ない状態で保存することも大切です。
酸素を完全になくすことはできませんが、白米をペットボトルの空き容器に入れて保管すれば冷蔵庫に立てて保管しやすくなり、白米を入れてキャップを閉じれば酸素の侵入を防ぐことができるので、酸化が急速に進行しにくくなります。
ただし、冷蔵庫の野菜室でペットボトルに入れて保管しても少しずつ劣化は進行していくので、白米で購入するときには安売りのときに買い過ぎずに、できるだけ1ヶ月で食べ切れる量を購入することがお米を美味しく食べるコツです。

check

外壁塗装 埼玉
http://www.kantoreform.com/
激安のオール電化なら
http://www.yhome.co.jp/
ポケモンゴーの攻略まとめ
http://xn--f9jr9dng6hpjya18avb7l5dq393fhkxb.xyz/
遺品整理 横須賀
http://wecan-i.com/
袴 レンタル 卒業式
http://www.sotsugyo-hakama.com/
カッティングシートはこちら
http://hmfilm.shop-pro.jp/
レーシングスーツ
http://rireracing.com/
着物 レンタル
http://www.tomesode-myselect.com/

Last update:2016/8/18